ご縁のあった人たち

無料ブログはココログ

« 神戸沖空港について | トップページ | 本日の朝日新聞を読んで »

2006年2月17日 (金)

講師業の悩み

ある大学での講師経験から反省事項

私は、某大学で学外講師をしている。ほんの1時限(90分)の担当だが長くしている。そこで思うのだが、近頃の学生は私語が少なくなった思う。寝る学生が居るのは、相変わらずであるが、私語がないのは他人への迷惑がなくてよい。

この理由を考えたら、携帯メールの効果があるらしい。そう言えば、携帯の画面を見ている子が居たな。

と思っていたら、他の先生から、『私語が多くざわついている』と言うぼやきを聞いた。これでもう少し考えてみた。

私は、企業の教育の癖で、学生には概要の資料をプリントして配り、パワーポイントで説明する。上記の先生は、黒板版書でノートさせているとのことであった。学生達は、解らない時になるので、近所に聞くので私語が多いのではないか?
私の時には、プリントを後で見ればと言うことで、寝ているのではないか?

静かと言っても安心してはいけない。悩ましいことである。

« 神戸沖空港について | トップページ | 本日の朝日新聞を読んで »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 神戸沖空港について | トップページ | 本日の朝日新聞を読んで »