ご縁のあった人たち

無料ブログはココログ

« 学校教育の効果 | トップページ | 関西の発信力について »

2006年2月 3日 (金)

変わった子はこうしてつくる

某有名人の性格を独白風に作ってみた。当然フィクションですが、こうすれば人間性が失われていくという図式に見える。

<開始>
僕の小学校の時に父が買ってくれたのは、望遠鏡・百科事典そして自転車だけでした。
オモチャなどは買ってくれませんでした。おこずかいも、貰えませんでした。
遊びは、天体望遠鏡で星を見たり、百科事典を読んでいました。
    一部省略
小学校では、よくできる子と先生が誉めてくれました。そして、もっと勉強するようにと
3年の時から塾に通うことになったのです。その塾で、パソコンによる英語の勉強をしました。でも、直ぐに出来てしまうので、パソコンをいろいろいじるようになりました。
 そうです、プログラムを触るようになったのです。プログラムは、色々な事ができるので夢中になりました。そうしていたら、塾の方でプログラムを修正すると言うことで、僕にしてくれないかと頼まれました。簡単に出来るのでやってあげました。そしたら2万円もお礼を貰えました。
 僕は、今までおこずかいを貰ったことがなかったので、嬉しかったです。
 同級生が、親に貰ったお金で何を買ったと言う話を聞いて、正直羨ましかったです。
    一部省略
 中学生から、新聞配達のアルバイトをしました。自分のお金は自分で稼がないといけませんから。高校でも、皆がガールフレンドと一緒に遊んでいる時に、僕はプログラムを作っていました。そうですね、チョッピリ羨ましかったです。でも、人との付き合いは気を使わないといけないし。コンピュータは正直ですから。
    一部省略
 大学でもプログラムのアルバイトをしていました。色々な所を手伝いました。でもIT企業と言う会社でも、プログラムのことを本当に知らない人ばっかりでした。僕ほどプログラムのことを知っている人はほとんどいなかったですね。
 しかも、プログラムのアルバイトでは、自分では何も出来ないのに、偉そうに言う会社の人達から指図を受るのです。さらに、お客さんから貰ったお金のXX割は彼らが取るのです。
 こんなことで、腹が立っていたら奨めてくれる人がいて、自分で会社を作ることにしました。そしたら、忙しくなって結局大学は退学しました。
 大学では、結構真面目でしたよ。同期の連中には、遊んでるものも多かったけれど。
正直言って、彼らの遊んでいる姿を見たら羨ましいと言う感じもありました。
 でもね!自分の金でなく、親に出してもらった金でしょう。遊ぶんなら自分で稼いだ金でと思いました。
    一部省略 
 会社を経営したら、少し考えれば儲かる所がどんどん出てきました。皆考えていないですねー
 遊びですか?自分の金で遊べるので少しは遊びました。社長と言うことで、少しは相手にしてくれましたが小さな会社なので馬鹿にされることも多かったですね。それでも、自由になる金が大きいですから、少しは相手にしてくれました。
    一部省略
 テレビにでている綺麗なおね―さんは、子供の頃からの憧れでした。ある程度会社が大きくなったら、合コンなどでお話することができて嬉しかったですね。その時、某放送の看板番組の司会が会長の一言で決まったと言う話を聞いて、彼女達が希望する番組に出れるようにしてあげたいと、思いました。
 野球についても、オーナー達が好きなようにしているのを見て、自分もオーナーになったら、もう少し選手の為にしてあげられるのにと思いました。
 そのとき、球団がつぶされると言う話があったので、買おうと思ったのです。
同じくテレビ局に関しても、資本関係で買えそうな部分が見えたので、株を思い切って買いました。どちらも利益が出る方法は、考えましたよ。でも、正直言って子供の頃の憧れの人たちの為に、何かしてあげたいと言う気持ちでした。アナウンサーなどと言っても、かわいそうなものですね。
    一部省略
選挙ですか?これはね、経営者として今の日本を見ていて、腹が立ったのです。
私達は、お客様から仕事を頂くのに色々苦労しています。しかし有力代議士の地盤には、公共工事が黙っていても発注されている。これはおかしいと思いましたね。だから、候補者を公募していると聞いて直ぐに立ったのです。でも、選挙区に入ると考え直しました。あの地区には、公共工事がなければ、食べていけない人が沢山いるのです。熱い思いが伝わってきましたよ。だから、何か会社を作ってあげればと思いました。
    一部省略
僕が贅沢しているとみんな言いますが、僕は贅沢できるように努力してきました。今まで、自分で何もせずに勝手なことを言う評論家は一番嫌いです。

<終了>  本件に関し特定のモデルはございません。

« 学校教育の効果 | トップページ | 関西の発信力について »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 学校教育の効果 | トップページ | 関西の発信力について »