ご縁のあった人たち

無料ブログはココログ

« 新しいロボットの活用 | トップページ | 技能の伝承について »

2007年2月28日 (水)

引退の時期について

 三遊亭円楽さんが、
  「自分の思うようにしゃべれない」
と言うことで、引退すると言う記事があった。
  「プロとして、最高の芸を見せることができなければ引退」
と言う潔さには敬服する。

 しかし、桂米朝さんの『ほど良くぼけた』高座というものも味がある。

 どちらにも理があるような気がする。落語の世界ならでの話かもしれないが、老人力の効果も面白いと思う。

« 新しいロボットの活用 | トップページ | 技能の伝承について »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 新しいロボットの活用 | トップページ | 技能の伝承について »