ご縁のあった人たち

無料ブログはココログ

« 疑似科学について | トップページ | 就職活動の参考まで »

2007年2月10日 (土)

政治家の責任

『インテリジェンス 武器なき戦争』と言う本を読んだ。この本を完全に信じるわけではないが、鈴木宗男氏の外交的な貢献は、かなりありそうに感じる。特にロシアの警備隊などとの関係維持に関しても別の記事で書いてあった。

 そこまで考えると、彼の追及とは何だったのであろうか?

 どうもこの国は、政治家の能力を正当に評価していないように感じる。鈴木宗男追及者のほうが国に対して、損を与えたように思うが、その面での追求はない?

« 疑似科学について | トップページ | 就職活動の参考まで »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 疑似科学について | トップページ | 就職活動の参考まで »