ご縁のあった人たち

無料ブログはココログ

« マスコミの自覚について | トップページ | 高速道路とエレベーター »

2008年4月19日 (土)

写真写りが悪いとは

 「貴女は写真写りが悪い。」と「貴女は写真写りが良い」は、どちらが褒め言葉であろうか?写真写りが良いという事は、本物が良いのに、写真だけが良く写っている。つまり「あんまり、良い顔ではありませんね~~」と言うメッセージが込められている。

 それなら、写真写りが悪い方が良いのか?これも困ったことがある。写真には2つの特質がある。その一は、残ると言うことであり、もう一つは現在の技術の特性であるが、コピーやメールで、広く伝わると言うことである。特に後者が問題である。今では、面と向かっての印象より、メール等で転送された情報が、独り歩きする。

 こう考えると、写真写りにも気を配るべきと改めて考えた。

 某大学のキャンパスで、
   「ここで写すと就職に有利と言う写真撮影ボックス」
があるのを思い出した。

 

« マスコミの自覚について | トップページ | 高速道路とエレベーター »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« マスコミの自覚について | トップページ | 高速道路とエレベーター »