ご縁のあった人たち

無料ブログはココログ

« 算数の教え方について | トップページ | 理論の力 »

2011年5月30日 (月)

フランス人ならこう言う

 原子力発電について、ドイツはやめるというが、フランスはまだ推進するといっている。
 そこでフランス人が、自国民を説得する言い方が想像できる。

 日本では、地震の後に原子力発電所の事故で大きな被害を生じた。しかし、日本人は対応が悪かった。日本の政治家は、まともな議論をせず、しかも大事な情報を国民から隠している。また官僚も国民を、バカにして本当の情報を隠している。
 一方、原子力発電所を運営した電力会社も、事故など起こらないといって、まともな訓練をしていなかった。
 このように、未成熟な政治形態は、旧ソ連より劣っている。
 我が国の政治家は、日本よりまともである。今回のように大きな災害は、お粗末な政治家のいる国だから起こったことである。

 しかし、この言い方、いつか聞いたような話だと思う。

« 算数の教え方について | トップページ | 理論の力 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 算数の教え方について | トップページ | 理論の力 »