ご縁のあった人たち

無料ブログはココログ

« 大阪湾に原発を! | トップページ | 算数の教え方について »

2011年5月29日 (日)

電力会社の社員の心が持続できるか

 福島の原子力発電所の事件以来、電力会社に風当たりがきつい。確かに東電の幹部の対応に関しては、色々言いたいことはある。
 しかし、このような電力会社の、独占などを叩きつづける風潮が続くと、電力会社の社員のモラルが維持できるか心配である。確かに電力供給は、地域独占であるが、それだけ電力の安定供給に対する、高い使命感を維持していた。ある意味公務員と同様以上の、公共のためと言う意識があった。
 今回の風潮は、このような電力会社の使命感に対して水を浴びせる。
 その結果、各電力でも夏の電力供給に関する、不安を明確に打ち出してきた。
 経済的な活動として、単純に評価されるなら、不可能ならあっさり、

「供給できず停電します」

と答えるようになってしまうのではなかろうか?
 人間は金銭的なものだけで動いているのではない。これが立派な学者さんたちには、見えない時があるのではと思ってしまう。

« 大阪湾に原発を! | トップページ | 算数の教え方について »

コメント

東京電力は、無計画かつ不公平なやりかたで、「供給できず停電します」をおこない、夏もやろうとしていましたよ。私も現場の使命感の高さは確信しています。しかし、上層部に関しては入れ替えて、JAL同様稲森さんに入ってもらうくらいでないと、本当に現場のモラルが下がってしまいそうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大阪湾に原発を! | トップページ | 算数の教え方について »