ご縁のあった人たち

無料ブログはココログ

« 頭の良さと知識について | トップページ | 国民の声 »

2011年7月 5日 (火)

人材確保手段について

 ある会社経営者が、人材確保のため、福利厚生に力を入れすぎて、倒産したという話を聞いた。
 このようなことは、ありそうなことだと思う。そういえば、認知資本主義の話にも、福利厚生に力を入れるという話があった。
 しかし、この考えを、そのまま飲んではいけないと思う。
 仕事の報酬を金銭的なものでしか考えることができない。このような発想では、人間を引き付けるには、金銭的な福利厚生施策になってしまう。しかし、この金銭配分を間違えるような経営者の下では、結局不幸になると思う。
 仕事の報酬を、金銭以外のやりがい、他人の感謝などで得る。このような仕組みと言うか、発想が重要であると思う。そのためには、人間を大切にする経営が重要である。

« 頭の良さと知識について | トップページ | 国民の声 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 頭の良さと知識について | トップページ | 国民の声 »