ご縁のあった人たち

無料ブログはココログ

« 知識の有無について | トップページ | 自分のできないことを管理することは可能か? »

2011年7月21日 (木)

労働組合流の交渉術

 松本龍・前復興対策担当相の「暴言連発」に関連して思い出したことがある。松本元大臣と同じような雰囲気で、頭ごなしに決めつけられた経験である。その時の相手は、労働組合で鳴らした人間であった。普段は、礼儀正しく面倒見の良い人間であるが、初めて関係を持つ人間に対しては、何かミスを見つけて、頭ごなしに決めつけ注意する。
 当人も別の時言っていたが、
  「最初に一発かましてやる」
と言う発想である。他にも、労働組合で活躍した人間には、このような行動をとる人間がいた。

 しかし、中身がない人間のはったりだから、どかかで底が割れてしまう。社会党が政権を取れなかったのは、このような体質だったからではと思う。
 民主党になっても同じようなところで、ミスをするのではと思う。

http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20110711/277241/?P=3&ST=rebuild

« 知識の有無について | トップページ | 自分のできないことを管理することは可能か? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 知識の有無について | トップページ | 自分のできないことを管理することは可能か? »