ご縁のあった人たち

無料ブログはココログ

« 政策とオープンソースソフトウエアの違い | トップページ | 集中と分権について »

2011年8月20日 (土)

コピペを評価する能力

 子供の夏休みの宿題も、追込みであろう。現在のようなネット社会では、コピー&ペーストの切り貼りで、レポートを作り上げる子がいる。さてこのような子を、どう評価すべきであろうか?
 まず、何も考えない切り貼りは、最低の評価であろう。これは異論はない。
 しかし、色々な情報を切り貼りした後、自分の意見を付加したらどうであるか?自分の意見があるならば、それでも良いという評価もあってよい。確かに、引用文を分けるなどの、レポートの作法はある。それをきちんと教えて、それでも守らないなら低い評価はしかたない。しかし教えていない場合には、コピペのままで置くのも仕方ないのではと思う。
 さて、色々な意見が分かれている場合に、一つを選んだ場合はどうなるか。ネット上には、情報が玉石混淆で溢れている。この中で、玉を選びコピペするというのは、一つの能力発揮である。これを評価してほしいと思うがいかがであろうか?

« 政策とオープンソースソフトウエアの違い | トップページ | 集中と分権について »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 政策とオープンソースソフトウエアの違い | トップページ | 集中と分権について »