ご縁のあった人たち

無料ブログはココログ

« ブログと学校のレポート | トップページ | 今までのつけ »

2011年8月 3日 (水)

知的作業の評価について

 昨日は、ネットの情報を活用して、学校のレポートを書く話について触れた。さてこれを中学生や高校生が行った場合には、どうなるであろうか。中学や高校の場合に自分で意見を展開する能力が、まだ育っていない。そのようなとき、調べた情報を報告するということになる。
 さてここで、丸写しでも手書きなら、その努力を評価する。しかし、コピペならば、その努力も評価できない。
 しかし、中学生ぐらいで、その情報の重要性を識別する能力は、評価すべきではないか。
 単に汗の量しか評価できないのでは、教育者としては怠慢ではないか?
 ただ、これはもっと深い問題があると思う。この国の国会議員、特に民主党の議員は、他人が知恵を出さないと、罵倒するのが得意であるが、自分で知恵を出しているとはとても思えない。そのようになる原因は、子供の時から知恵を出すことに、正当に評価していないからではないかと思う。

« ブログと学校のレポート | トップページ | 今までのつけ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ブログと学校のレポート | トップページ | 今までのつけ »