ご縁のあった人たち

無料ブログはココログ

« 日本の提案は設計力が弱いのでは | トップページ | 自分の意見を言えないマスコミ »

2011年9月15日 (木)

空気と想像力

 「空気」が発生しやすい条件について考えてみた。
 「空気」の発生は、記号の独り歩きによることが多い。そこで、現実的な体験なしに、先生の話を丸呑みするようなしつけがあれば、「空気」が発生しやすくなる。
 逆に現実的な体験を重視する人間は、「空気」に振り回されることも少ない。
 そこで、国語の教育についてもう一度考えてみた。昔の国語教育は、想像力を生かし、作者が描く世界に入り込み、登場人物の体験を再体験することを求めていた。
 このように想像でもよいから、体験を重視するようにすると、記号の上滑りが少なくなる。
 しかし、記号処理だけで、答えが解る世界なら,「空気」に惑わされることが多いと思う。

« 日本の提案は設計力が弱いのでは | トップページ | 自分の意見を言えないマスコミ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日本の提案は設計力が弱いのでは | トップページ | 自分の意見を言えないマスコミ »