ご縁のあった人たち

無料ブログはココログ

« 自分に対するリーダーシップ | トップページ | 現在の中国の政治を見て »

2011年10月 4日 (火)

高文脈依存性の中での主体性

 日本人のコミュニケーションは、高度に文脈依存性がある。この場合に、前提となる世界を共有する必要がある。
 そこで問題になるのは、その世界を自分で構築できているのかと言うことである。他人が作った世界でも十分深く理解していれば、その中で自分の考えで判断ができる。しかし、他人に作ってもらった世界に頼っているようでは、いつまでも主体性を発揮することができない。
 学校生活では、先生の世界に従うのが良い生徒であった。
 しかし、社会に出ると多様な世界観に対応しないといけない。そのためにも自分で他人の世界観を理解でき、一方自分の世界も構築できるのが、本当の主体性ではと思う。

« 自分に対するリーダーシップ | トップページ | 現在の中国の政治を見て »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 自分に対するリーダーシップ | トップページ | 現在の中国の政治を見て »