ご縁のあった人たち

無料ブログはココログ

« 日米の組織論について | トップページ | 効果のある教育について »

2012年1月30日 (月)

物作りと言うこと

 昨日、フジテレビ系で放送された「ほこ×たて」は、技術系の学生や若手技術者には、一見してしっかり考えてほしい内容を含んでいた。内容は、絶対壊れないという壁と、何でも破壊する鉄球の対決である。
 まず、技術者として考えてほしいことは、軽々しく
  「絶対壊れない」
と言う発言をしてはいけないということである。
  「XXの荷重でどれだけの衝撃まで耐えます」
と言う発想が重要である。自分が作ったもの壊れ方に関する議論をすることの重要性は、原発事故を見てもわかると思う。

 一方、破壊する鉄球側にも、落とし穴がある。何度も同じところに叩きつけて、モノを破壊していると、鉄球やワイヤーロープが持たなくなる場合がある。
  「鉄と言えども壊れる。」
このことは知っておいてほしい。

« 日米の組織論について | トップページ | 効果のある教育について »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日米の組織論について | トップページ | 効果のある教育について »