ご縁のあった人たち

無料ブログはココログ

« エネルギー供給と制御の問題 | トップページ | 仕事が出来るための哲学入門 »

2012年3月 3日 (土)

大学入試問題の語ること

 本日の朝刊に、京都大学の数学の入試問題が載っていた。
 この問題は、特に難しいと言うものではないが、考え方がしっかりしているかを見極めるのには、よい問題だと思う。特に、高校のレベルでも解けるが、大学で学べばもっとすっきりした形で説明できるという仕掛けが随所に見える。
 このように入試問題の公開で、大学として必要な人材について、社会にメッセージを出しているのではないかと思う。

« エネルギー供給と制御の問題 | トップページ | 仕事が出来るための哲学入門 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« エネルギー供給と制御の問題 | トップページ | 仕事が出来るための哲学入門 »