ご縁のあった人たち

無料ブログはココログ

« 文章力を鍛える | トップページ | キリスト教の布教経験が標準化推進に役立つ »

2012年4月15日 (日)

最適の学問と言うコトについて(なぜ採用されないか)

 今朝の朝日新聞の『仕事力』において、内田樹氏が、
   「消費者マインドの弊害」
と言う表現で、
   「最低限の努力しかしない学生」
の問題を指摘していた。確かに、卒業証書を得るだけ、大学のブランドだけを得るためだけには、最低限の勉強で済ませる方が効率が良い。

 しかし、就職と言いうことで考えると、この議論は学生に重くかかってくる。企業の採用の立場で、同じ論法で考えてみよう。まずこのような『効率的』採用の立場では、
   「現在の能力で仕事を遂行できる人間」

   「最低限のコスト(賃金)」
で採用することになる。業務に必要な情報を伝える研修は行うが、これは最低限である。また負荷変動などがあれば、人件費の削減を行うため、契約解除ができることが望ましい。

 本当に正社員で、採用しじっくり育成する気にさせる人材は、以下のような力と姿勢が必要である。

  1. 基礎的な知識が身についていること
  2. 不足している知識は自発的に補う力と姿勢があること
  3. 謙虚に幅広く学び、先人の知恵を自発的に吸収すること

« 文章力を鍛える | トップページ | キリスト教の布教経験が標準化推進に役立つ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 文章力を鍛える | トップページ | キリスト教の布教経験が標準化推進に役立つ »