ご縁のあった人たち

無料ブログはココログ

« 新入社員の皆さんに(一言アドヴァイス) | トップページ | 大阪市の職員組合に対して »

2012年4月 1日 (日)

若い人たちの変化理由

 平成生まれの人たちが、新入社員となって入ってくる。彼らの特性を見ていると、どうもあきらめがよすぎる感じがある。
 その一つの理由は、彼らが学校制度に適合しすぎているからではないかと思う。彼らを教えた教師たちも、多くは田中角栄の教育改革の後で採用された世代である。田中角栄の改革で、教師の待遇が良くなったので、多くの教師志願者が殺到した。その結果選別試験が難しくなり、勢い成績の良い教師たちが、多くなってきている。
 このこと自体は悪くないように見えるかもしれない。しかし、教師自体が悪い成績と言うか、学校でできなかった経験を持っていない人間が多いことは、本当に良いことであろうか。
 つまり学校の成績だけで、全てが決まるような文明ができてしまっているのである。
 しかし、人生には色々な価値観を持った人間とのふれあいが大切である。
 さらに、一つの面で失敗しても、次の成果を出せばよいのである。このような切り替えを行わないと、若い人たちの就職はますます難しくなるし、入社後もやめる人が出ると思う。

« 新入社員の皆さんに(一言アドヴァイス) | トップページ | 大阪市の職員組合に対して »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 新入社員の皆さんに(一言アドヴァイス) | トップページ | 大阪市の職員組合に対して »