ご縁のあった人たち

無料ブログはココログ

« 大学で学んだことが使えるようになる | トップページ | 東電の一般社員がかわいそう »

2012年5月29日 (火)

大学で学んだことが使えるようになる(補足)

 昨日の内容を少し捕捉しておく。
 知識が使えるようになるためには、知識を構成している概念が、現実の状況に当てはまっていることを見出す力が必要である。
 この力は意識して使うことで鍛錬できる。
 このような判断力を生かすために、意識的に現実の現象を、自分の知識で説明する訓練を常に行えばよい。
 例えば、経済学の基礎的な知識でも、現在の状況に関してどれだけ当てはまるか、考えて見たらよい。この時少しぐらい当てはまらない部分があっても、強引に説明する経験を積むと、何となく身についてくる。

« 大学で学んだことが使えるようになる | トップページ | 東電の一般社員がかわいそう »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大学で学んだことが使えるようになる | トップページ | 東電の一般社員がかわいそう »