ご縁のあった人たち

無料ブログはココログ

« 空気と民意 | トップページ | ソクラテス的問答となぜなぜ分析 »

2012年5月 9日 (水)

学んだことが使えると言うこと

 就活でよく出会う質問の一つは、 
   「大学で学んだことが、就職後も生かすことができるか?」
である。
 ここで大切なことは、専門的な研究だけでなく、それまでの一般教養的な物が使えるということである。
 そのためには、学生時代に知識の積み重ねをきちんと行っておく必要がある。例えば、1~2年で学んだ線形代数の知識は、後の学年でもきちんと使いこなす。
 このような経験を積むことで、知識は使えると言えるようになる。
 単にテストの成績ではなく、使える道具としての知識が重要である。

« 空気と民意 | トップページ | ソクラテス的問答となぜなぜ分析 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 空気と民意 | トップページ | ソクラテス的問答となぜなぜ分析 »