ご縁のあった人たち

無料ブログはココログ

« 23万アクセスの御礼 | トップページ | 食文化における規制と言うもの »

2012年6月 5日 (火)

安定な物しか見えない

 前にも書いたが、物理学の現象の多くは、周期的なモノの組み合わせが多い。つまり、フーリエ級数をしっかり学べば多くのものが理解できるというわけである。
 この理由を考えて見ると、自然界で安定なものは、動かず静止しているものか、周期的な動きしかない。
 数学の計算でも、自己修正機能があるものではないと、存在しないということをパースが書いていたように思う。
 しかし、現在の技術は、不安定なものを識別してしまう。これを制御するのは、危ないことだと思うが、そこまで踏み込んでいるのが現在の世界ではないかと思う。

« 23万アクセスの御礼 | トップページ | 食文化における規制と言うもの »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 23万アクセスの御礼 | トップページ | 食文化における規制と言うもの »