ご縁のあった人たち

無料ブログはココログ

« 頭が良いという条件についてまとめました | トップページ | 討論の成立について »

2012年9月 3日 (月)

理論利用と図式の関係

 理論を利用するときには、現実との折り合いをつけないといけない。
 ここで思い出したが、杉田玄白たちが、オランダの医学書を手にしたとき、その図式が人間の実際の臓器と一致すると言うことで感心した、という話を思い出した。
 しかし実際の人間の体は多様であり、教科書の図式通りに臓器があるわけではない。
 あくまで教科書の図式は理想的なモノである。具体的な体と対峙した時、応用力を生かして見言い出すことが重要である。
 江戸時代の漢方医の内臓図式より、オランダの医学書が、まだ対応が付けやすかったのであろう。

« 頭が良いという条件についてまとめました | トップページ | 討論の成立について »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 頭が良いという条件についてまとめました | トップページ | 討論の成立について »