ご縁のあった人たち

無料ブログはココログ

« なぜ正規雇用にこだわるのか | トップページ | 総合職就職の後(その2) »

2012年10月18日 (木)

総合職就職の後(その1)

 現在就活中の人たちや、これから就活を始める人たちの参考のために、総合職の成長について書いておきたい。私は、企業の立場で、社員研修を見た経験、技術の専門職から、事務系に転向した経験があり、総合職としての成長について、比較的冷静に見ることができるので、このことについて述べる資格はあると思う。
 まず、大学を出て文系の総合職として入社しても、そのままでは仕事に生かせることはほとんどない。また、しっかりした会社は、そこまで期待していない。例えば、経営系の学科で、「エンプロイアビリティ」について学んだ学生が入社したとしよう。彼(彼女)が、
 「あなたのエンプロイアビリティはありますか?」
と質問したら、
 「ある」
と答えられる人間はほとんどいない。逆に「ある」と思いあがった人間の方が危険である。
 しかしながら、会社側が期待するのは、会社の『ルール』をしっかり理解して、その上で会社の利益に貢献する人材になることである。ここで、『ルール』と書いたものは、狭い意味の明文化した就業規則などではなく、慣習などの広い意味の暗黙的なモノも含んでいる。そのためには、学生時代に身に着けた、考え方・調査方法などの、知的スキルと今まで鍛えられた地頭の良さを、活かしてくれるものと期待している。
 さて、最初の1年間は、まず『ルール』を知ることが大切である。そのためには、業務にしっかり浸かり、言われた通り働く経験が大切である。但し、働くときに自分の考えを持ちながら働くことが、今後のための財産になる。例えば、経理部門の配属になって、実習先の掃除を行うときには、

「どのような廃棄物が出ているのか?」
「これは利益にどのような意味を持つのか?」
「どうすればこれは減らせるのか?」

等の問題意識を持って、仕事をすべきである。そしてこのような疑問と自分の意見は、日記に書いておくとよい。入社1年目の立場での意見は、何か見落としがあることも多い。しかし着眼点は、今後活かせることもある。そのため、いったん保存することが大切である。この出先輩に相談するのもよいが、答えを自分で見つけるように、常に考えておく。総合職に期待されていることは、自分で考える人材となることである。
(長くなるので一区切り) 

« なぜ正規雇用にこだわるのか | トップページ | 総合職就職の後(その2) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« なぜ正規雇用にこだわるのか | トップページ | 総合職就職の後(その2) »