ご縁のあった人たち

無料ブログはココログ

« 経済学は役に立つのか? | トップページ | PDCAの活かし方―自立について »

2012年10月15日 (月)

仕事の基本

 昔の資料を整理していたら、システム設計の議論が出てきた。その中でも大切なことは、どのような制御においても、確認点をきちんと設定し、フィードバックをかける仕組みが大切と言うことである。

 一つの作業を行う、その結果を外部情報で確認する。間違いがないなら次に進む。

このような基本を、しっかり身に着けておく。自分の仕事でも同じである。仕事の進み具合を、要所で確認する。それもできるだけ短いサイクルで行う。こうすることで、安心性して作業を進めることができる。
 私の部下だったA子は、他の作業者にも、お金を扱うときには、中間でも入出金の金額と帳票を確認するように、厳しく言っていた。
 このような作業の基本が身に着けることが、後々大きく変化してくる。

« 経済学は役に立つのか? | トップページ | PDCAの活かし方―自立について »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 経済学は役に立つのか? | トップページ | PDCAの活かし方―自立について »