ご縁のあった人たち

無料ブログはココログ

« 理論的知識の力 | トップページ | 2013年を迎えて(その2) »

2013年1月 1日 (火)

2013年を迎えて

 新しい年を迎えるにあたって、辻占をしてみたが、めんどくさいので新聞で見た記事で感じたことを書いているだけである。目についたキーワードは、
 「ゼロサムゲームではない」
と言う一節であった。つまり、限られたパイの取り合いではなく、イノベーションなどを通じて、パイを増やす努力が必要である。就活の学生さんたちも、取り合いではなく、就職口を切り開き、増やすことを考えて欲しい。
 特に総合職で就職した人は、自分の力で今後の事業を拡げ、仕事を増やす、そして多くの人が採用できるようにもって言って欲しい。
 例えば一人の技術者が、速やかに開発し設計するなら、それを作り上げる工場を国内で持つことができる。そして過程で雇用が生まれるのである。
 そして、設計者の稼いだ金を使うことで、もっと需要が生まれ景気が良くなっていく。このように世の中をよくするために、一人ひとりが自分の力を発揮するようにしてほしい。
 これが2013年、お願いである。

« 理論的知識の力 | トップページ | 2013年を迎えて(その2) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 理論的知識の力 | トップページ | 2013年を迎えて(その2) »