ご縁のあった人たち

無料ブログはココログ

« 大阪市の体罰問題について(もう一言) | トップページ | 歴史の理解について »

2013年1月13日 (日)

大阪市の橋下市長の対応について

 今朝の新聞(朝日新聞関西版)を読むと、大阪の橋下市長が桜宮高校の体罰問題を受けて、遺族に謝罪し、体罰厳禁の指導をするという意向を伝えたと、言う故事が乗っていた。

 この内容は、適切なものだと思うが、政治家としては今一歩の踏み込みが足りないと思う。
 この問題の、真の原因は、学校制度の問題であり、教師の権利ばかり考えている、校長を含めた教員の組織の、仲間内のかばい合いである。もう一つ言えば、問題教師の排除もできない今の学校制度の運営問題である。首長が乗り出すなら、そこまで突っ込んで根本的な議論をしてほしい。

 なお、もう一つ考えないといけないことは、
   負けたことを生徒(選手)の責任とする体質
である。これも学校社会の問題だと思う。例えば、塾ならば成績が上がらないと、塾講師の責任となる。しかし学校なら、生徒が悪いと言うことになる。これが部活でも、負けたら生徒を怒るという体質につながっている。

 このような運動指導の体質が無くならない限り、問題の根本的な解決にはならないと思う。特に、バスケットボールの団体は、このような顧問を団体のコーチにした責任を、しっかり認識すべきである。このようなスポーツ指導を行っている国に、オリンピック招致できるのか?こういう理由で、オリンピック開催ができなくなっても、日本バスケットボール連盟は、責任はとらないであろう。自分たちの問題とせず、人の責任とする体質がある限り、根本的な解決にはならないと思う。

« 大阪市の体罰問題について(もう一言) | トップページ | 歴史の理解について »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大阪市の体罰問題について(もう一言) | トップページ | 歴史の理解について »