ご縁のあった人たち

無料ブログはココログ

« 26万アクセスの御礼 | トップページ | 学校教育における権力の崩壊 »

2013年1月 9日 (水)

大阪市の体罰問題について

 大阪市の高校のバスケットボールのキャプテンが、教師の体罰を苦にして自殺した。この問題には、いろいろ深い原因があると思うので、しっかり検証してほしいものである。また、一般的に成立する問題もあり、広く議論すべき価値があると思う。
 まず、顧問の教育姿勢の問題である。成果が出ないとすぐに体罰に走る指導者は、少なからず存在する。そこで、問題なのは指導者の力量不足で、成果が出ていないのも、部員の責任としてかぶせる場合である。今回の場合も、顧問の指導力不足を、キャプテンの責任に押しかぶせて、体罰をしていたのではと疑われる面がある。
 また個人的にも、暴力的な体質があったのではと、報道内容からもうかがわせるものがある。
 いずれにせよ、教師としても不適切な人間であることは間違いない。
 さてこれが一般企業だったらどうなるか?管理職の癖に、自分の無能を棚に上げ、部下の責任とする人間は、某元総理大臣をはじめとして、少なからずいる。しかしながら、某元総理大臣も小選挙区では落選したし(復活当選?)、一般的な企業でも何らかの排除は行われる。
 しかし、この教師は昨年からも、体罰問題の調査があったのに、いまだに教師として勤務し続けている。このような教師をその任に続けている、システム自体に責任の一端があると思う。
 教師の生活や人権を守る、日教組であって、生徒の人権を守ることには、興味がないらしい。

« 26万アクセスの御礼 | トップページ | 学校教育における権力の崩壊 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 26万アクセスの御礼 | トップページ | 学校教育における権力の崩壊 »