ご縁のあった人たち

無料ブログはココログ

« 技術系の就活について | トップページ | 本当に勝つためには(桜宮高校関連) »

2013年1月22日 (火)

桜宮高校の対応について

 大阪桜宮高校の体育系入試の中止が決定した。この問題に関し、大阪市長の対応に関していろいろ批判があるようだが、橋下市長の『勝利至上主義のために体罰許容の風土を変える』ためには、このような荒療治は必要ではないかと思う。但し、この問題は根が深く、複数の要素が絡んでいる。これを、教育委員会の力だけで、解決することはとても難しいと思う。
 この問題の一つは、教師の体質の問題である。つまり、生徒の成績が出なかった場合には、自分の教え方を反省するのではなく、生徒の態度が悪いと責任転嫁する体質である。特に、生徒のリーダーに責任をかぶせる、これも教師が行うことは少なくない。
 もう一つは、教師の異常性格が解っていても排除できない、制度である。今回の教師は、精神鑑定をすれば、ある条件で感情の制御ができなくなり、暴行罪は問えなくなるという鑑定が出る可能性がある。さてこのような危険な性格の人間に、子供を預けることができるのであろうか?しかし今の学校制度で、このような危険性格の教師の排除と言うのは、難しいものがある。教師の人権は、生徒の人権より守られているのが今の学校制度である。
 上記2点とも、これが塾なら、担当者の排除と言うか責任追及は、十分行われていると思う。
 さて、最後に学校風土としての勝利至上主義がある。この話は、あまりマスコミなどは取り上げていないが、スポーツ関係の部活では、大会の成績が進路や収入と絡んでくるのである。全国大会に出ることで、スポーツ推薦の枠がとりやすくなる。もっと言えば、大学から奨学金を引き出すためにも良い実績が必要である。このため、教員たちだけでなく、父兄生徒も一体となった、勝利至上主義となっている。そのためには、少々の無理は仕方ないと言う風土ができている。
 ただしこの話は、桜宮高校だけとは言えないように思う。そこで桜宮高校だけという不満が出るのが現在の状況ではないかと思う。

 さてここで、少し見方を変えてみる。精神論に偏り、われらは強いと言っていた組織が、昔あった。その中では、指導的立場の人間が、自分の失敗や能力不足は棚に上げ、部下の責任を追及することに熱心であった。そう、旧の大日本帝国である。この風土は、結局敗戦となって、マッカーサー司令部の強権指導の下、大変革を行って今の日本ができたのである。

 この図式で考えると、橋下=マッカーサーの力で、桜宮高校が良い方に変わる可能性もあると思う。そして、今の高校教育全体に及ぼす、教育の『維新』の先例となるチャンスを、桜宮で開いてほしい。そのためにも、生徒保護者には、厳しい現実と、一億ではないが総懺悔の上での出直しが必要である。

« 技術系の就活について | トップページ | 本当に勝つためには(桜宮高校関連) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 技術系の就活について | トップページ | 本当に勝つためには(桜宮高校関連) »