ご縁のあった人たち

無料ブログはココログ

« 桜宮高校体罰事件の一つの見方 | トップページ | 景気浮揚の政策について(誰が家電メーカーを潰したか) »

2013年1月15日 (火)

大阪市の橋下市長の対応について(賛成)

 今朝の新聞を見ると大阪の橋下市長が、スポーツ指導の体罰は厳禁、ただし、他の生徒に対して危害が加わるような事態で、手が出てしまうことまでの禁止には一考を要する、と発言しているとの記事があった。
 この意見はバランスが取れていると思う。

 今回の話では、言わゆる体罰に関して、話が広がりすぎていると思う。まず、『罰』と言う言葉には、悪いことをした者に対して、与えるという意味がある。これをきちんと理解せずに、教師の権利として『体罰』と言う言葉を乱発することが一つの問題である。今回の、事件の根本は、クラブ顧問が無能のため、成果が出ないことの責任を、キャプテンにかぶせ、見せしめと称して暴行していたという、図式が正しい。つまり、体罰以下の問題であり、教師の人間性下劣と言う問題である。この表現が、個人攻撃と言われる方々に対しては、私に対して反論なり、攻撃されたい。このような反論を受けない状況で、クラブの生徒を虐待したのが、今回の図式である。

 私の意見では、他の生徒などに危害が及ぶ場合に、教師が物理的に生徒に対して行動することは許されると思う。しかし、物覚えが悪いなどと言うので、暴力を振るうことは、体罰として許すべきではないと思う。特に今回の教師は、度を過ぎた暴行を加えている。どう見ても体罰ではなく暴行である。(虐待と言うべきか?)
 なお、体罰が効果のあるという教師たちは、一度自分たちで実験すべきである。学校教師にも教え間違いなど行うことがあるだろう。また部活顧問で、成果の上がらない場合、人員の選別ミスをした場合、まず顧問の教師を、職員会議や朝礼など、衆人環視の前で今回の教師の様に、形が変わるほど顔を殴ってみたらよい。それで、教師がまともになるか実験したらよい。多分、教師たちは、そのようなことは効果がないと言うだろう。
 このように、自分たちに対して、効果がないと言うことを生徒に対して行う人種は、即刻教師を辞めさせるべきである。教育の場合には、効果があるかどうかをきちんと評価すべきだと思う。

« 桜宮高校体罰事件の一つの見方 | トップページ | 景気浮揚の政策について(誰が家電メーカーを潰したか) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 桜宮高校体罰事件の一つの見方 | トップページ | 景気浮揚の政策について(誰が家電メーカーを潰したか) »