ご縁のあった人たち

無料ブログはココログ

« 桜宮高校体罰事件と橋下市長の対応について | トップページ | 面接の対応において(続編) »

2013年1月19日 (土)

面接の対応について

 先ほど、NHKのEテレで、『テストの花道』を見ていた。面白く色々と参考になるが、面接の指導を見て思いついたことがあったので、参考までに書いておく。私が気になった場面は

 面接指導の場面で、最初に許可を得ないで、椅子に座る子に対して、ダメ出しをしていた。

である。私が面接をする時には、面接を受ける人が部屋に入ると同時に、椅子の方を右手で指すようにしている。何故なら、許可を得なくて座ると言うことは、減点になるからである。私の考えでは、良いところがある人を、減点法で落としてはもったいないから、面接を受ける人が失敗しないように、できるだけサポートするのが、面接官の一つの役割である。
 しかし、番組を見ていると、面接官は減点主義での採点であり、ある意味罠にかける悪意のようなものまで感じてしまった。確かに、受験側では、そこまで考えて対策すべきかもしれないが、面接する側の役割としては、その人間の本来持っているモノをしっかり評価すべきであり、罠にかけて落とすというのは、何か間違っていると思う。
 私は企業の人間としての面接なので、有効な人材を探すのが任務である。従って、潜在的な可能性を含めて、会社の利益につながるモノを何とか見出そうという義務で、面接も考えている。
 学校の場合は、たくさんの人間が来るので、ふるい落とすための面接なので考えが違うのかもしれない。

« 桜宮高校体罰事件と橋下市長の対応について | トップページ | 面接の対応において(続編) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 桜宮高校体罰事件と橋下市長の対応について | トップページ | 面接の対応において(続編) »