ご縁のあった人たち

無料ブログはココログ

« 管理職研修のHP更新 | トップページ | 数学を学びながら思ったこと »

2013年2月 9日 (土)

学校教師側の言い分

 体罰問題について、教師の指導力について色々書いたが、教師側にも同情すべき点がある。一つは、生徒(部員)を選ぶ権利があるかという点である。これが、プロ野球の監督なら、(阪神などの一部の管理がおかしい球団は除いて)監督は、自分の方針い従わない選手を使わず、放出することもできる。
 学校教育の場では、やる気のない生徒、いくら指導しても言うことを聞かない生徒でも、必修的な部活では、やめさせることができないと言うことも起こるであろう。
 また校長の指導力と言われても、実際の人事権がない形で、組合と教委に挟まれている立場では、かわいそうにと言うしかない。
 こう考えると、学校制度の色々なひずみが、表に出てきているように思う。

« 管理職研修のHP更新 | トップページ | 数学を学びながら思ったこと »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 管理職研修のHP更新 | トップページ | 数学を学びながら思ったこと »