ご縁のあった人たち

無料ブログはココログ

« 建前と本音の運営について | トップページ | 管理職の教材をまとめました(HP更新) »

2013年2月20日 (水)

員数合わせについて

 先ほど、山本七平の話を書いたが、彼の著作でよく出てくる、旧日本軍の『員数合わせ』体質について、少し考えて見たい。
 彼の言う『員数合わせ』とは、例えば戦車が100台必要と言えば、どんなものでも百台集めると言う発想である。つまり壊れていても、それがばれなければよいと言う発想である。このような、机上の空論の戦力で、戦争に突入した、日本の旧軍指導者は、批判を免れない、と言う議論は、色々なところで聞く。
 しかし、考えて見れば、国際間の利害のぶつかり合いでは、外交交渉と軍事衝突は、一つの延長線上にあることが多い。そして外交交渉は、ある意味はったりも含めた、お互いの戦力をバックに持った形で行われることが多い。そのためには、員数合わせも重要な要素である。
 例えば、尖閣付近でうろうろしている、中国の海軍は、どう見ても実用的でない、航空母艦をまで持っていると、威勢を上げている。一方、我が国の海上自衛隊は、装備や隊員の資質ではるかに有利と言っている。そして、同盟国のアメリカでは、学術的に公正な研究結果として、日本がはるかに有利と言う研究成果を発表している。
 このような状況では、員数合わせと言う要素も、有効な手段である。上に書いたように、中国海軍の空母など、海上自衛隊のヘリコプター母艦に劣ると思うのだが、それでも空母は空母と言う一人歩きがある。
 このように、外交と軍事を分けて考えるのはおかしく、そのためには見栄えの良い、数値も大切である。実際に軍事衝突を招かないためにも、国防戦力の強化と言う、旗印は重要と思う。

« 建前と本音の運営について | トップページ | 管理職の教材をまとめました(HP更新) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 員数合わせについて:

» #員数合わせ をもう少し考えてみた [勉強の方法補充]
 昔、『員数合わせ』について書いた記事がアクセス数を稼いでいる。  http:/ [続きを読む]

« 建前と本音の運営について | トップページ | 管理職の教材をまとめました(HP更新) »