ご縁のあった人たち

無料ブログはココログ

« 女性の働き方について | トップページ | 明治維新について »

2013年4月 8日 (月)

かしこい人と言われるために

 先日も書いたが、貴城けいさんの、「宝塚式『ブスの25箇条』に学ぶ『美人』養成講座:講談社+α文庫」を読んだ。今度は文庫本の方を読んだが、とても参考になる。
 私は、この本を特に今年の新入社員、特に総合職の社員に読んでほしいと思う。この『25箇条』に書かれていることは、実は当たり前のことである。しかし、これを実行することは難しい。さらに難しいのは、これを自分の言葉、体験を交えて人に納得させるように書くことである。
 このような文章を書けると言うことは、
  本当にかしこい人
と皆から言われるようになる。
 このように、当たり前のことでも自分の体験を交えて、人に説明できるようにする。
 これが本当の賢さであろう。
 総合職として、今後仕事をしていく上で、単に知識を持っているだけでなく、それを活用し、人に納得できるように説明する能力、自分の体験などと合わせて理解していく能力が、必要である。
 貴城さんは、宝塚でトップスターになるだけあって、特別の人であるかもしれない。しかし、その力の一つは、このような当たり前の教えの本質を見抜き、実行する力にあったと思う。気配りの訓練が舞台で生きる。これを見抜くだけでも素晴らしい賢さだと思う。

« 女性の働き方について | トップページ | 明治維新について »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 女性の働き方について | トップページ | 明治維新について »