ご縁のあった人たち

無料ブログはココログ

« 学問の活かし方 | トップページ | 勉強の効果に関して捕捉 »

2013年4月11日 (木)

中国の陰謀?

 今回の北朝鮮の動きは、度を越している。このような動きをしているといずれ体制崩壊に到る可能性がある。そこで、北朝鮮の体制が崩壊したらどのような事態になるであろう。朝鮮半島の不安定化と、近隣国への難民流出と言う、皆にとって望ましくない状況になる。
 そこで、今の体制と言うか、金正恩個人が取り除かれた形を考えて見た。誰が後継者になるかという問いに、多くの人が挙げるのは
 「金正男」
と言う名前である。但し、彼個人では政権を維持するのは難しく、中国の援助を受けざるを得ないであろう。
 つまり、今の金正恩を金正男に置き換え、中国の実質支配を受ける国として出直すと言うことである。このような動きは、結局韓国も認めざるを得なくなり、朝鮮半島に対して中国がますます力を持つようになる。それどころかアメリカの朝鮮半島からの撤退もあり得る。
 こう考えると、今の北朝鮮の動きで一番得をするのは中国である。中国が、動かしやすい北朝鮮の軍部をあおって、今の危機を作り上げる。このような図式は、あるかもしれないと思ってしまった。

« 学問の活かし方 | トップページ | 勉強の効果に関して捕捉 »

コメント

作家の吉川潮氏は、北朝鮮に関して次のように語っている。
「パチンコ屋の年間売り上げは約20兆円、器機メーカーなどの関連企業を含めると30兆円産業と言われる。
泡銭が儲かるので昔から脱税する不心得な経営者が後を絶たない。
さらに、経営者には在日朝鮮人が多く、連中は利益の一部を北朝鮮に送金している。
その金が軍事政権を支え、核ミサイルの開発や製造に使われている可能性がある。
パチンコ屋で金を落とすと、その一部が日本国民、つまり自分たちを脅かす核兵器に使われるのを愛好家は承知しているのだろうか」
韓国のようにパチンコを国が禁止すれば、北朝鮮への資金の流出を断ち切ることができる。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 学問の活かし方 | トップページ | 勉強の効果に関して捕捉 »