ご縁のあった人たち

無料ブログはココログ

« 大学のパワハラ事件 | トップページ | 総合職の文書作成について »

2013年5月14日 (火)

工業高校の専門化

 今朝のNHKニュースで、大阪の工業高等学校で、専門の教育を充実すると言うことを聞いてよいことだと思った。
 しかし、内容を聞いてこりゃなんだと思ってしまう?

 進学してより専門性を活かす??

一寸待ってと言いたくなる。確かに、工業高校や高専から、もう一度理学部に入って、原理を深く学び直したいと言う学生や、教員となってもう一度母校に戻ると言う学生がいるのは、良いことだと思う。

 しかし、工業高校の教えることは、自己完結の教育である。その後工学部などに進んでも、原理の理解ができるかと言うと、それは少し違うのではと思う。
 もし進学させるなら、きちんと基礎知識を身に着けることが、本来の姿だと思う。

 なお、高校での就職口が見つからないから、進路指導の問題先送りとしての、進学と言う側面もある。高校生の就職について、文部科学省・厚生労働省そして経済産業省の横通しした、国家のあるべき姿の議論が必要だと思う。

« 大学のパワハラ事件 | トップページ | 総合職の文書作成について »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大学のパワハラ事件 | トップページ | 総合職の文書作成について »