ご縁のあった人たち

無料ブログはココログ

« 日本の政治を動かしているのは | トップページ | 出る杭を打つ理由 »

2013年5月31日 (金)

コピペ問題に関して

 このブログのアクセス解析を見ていると、ある時期に増えるアクセスがある。一つは、大学のレポート提出時期や卒論の時期である。また別の例では、日刊工業新聞社の「フレッシャーズ産業論文」の材料を探しに来ている形跡もある。
 さて、これらの検索者は、このブログをどのように使っているのであろうか。このブログには、一次情報や、基礎となる論文へのリンクを張っていることもある。その情報を見て、一次情報を見てくれるなら、それはお役にたったと思う。また、裏にあるHPの資料庫を見て、参考になる本の要約を探すならそれもよいだろう。
 http://homepage3.nifty.com/manabizz/subindex.htm
 もう一つの例では、このブログの発想を一つの仮説とみて、それを独自の考えで検証して、育てることである。私の考えは、一つの切り口として独自のものがある場合もある。これを使い育ててもらえれば、嬉しいことである。
 しかし、困った例としては、このブログを、あたかも権威であるように、引用することである。
 ここに書いたことが真理であるように引用する。これは、避けて欲しいことである。
 大学教育などで、レポート作成を教えるなら、コピーのやり方をきちんと教えて欲しいものだと思う。独自の付加価値のない、コピー&ペーストは、レポートに値しないと言う教育ができているのだろうか?

« 日本の政治を動かしているのは | トップページ | 出る杭を打つ理由 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日本の政治を動かしているのは | トップページ | 出る杭を打つ理由 »