ご縁のあった人たち

無料ブログはココログ

« 柔道について | トップページ | 管理職になりたがらない理由 »

2013年6月24日 (月)

柔道について(その2)

 柔道について、もう一つ書いておきたいことがある。それは、柔道と言うのは、まともに指導すれば、コミュニケーション力を鍛えるスポーツ、と言うことである。
 まず礼に始まる練習や試合、そして組み合った中での、お互いの微妙な動きを読む、これらはすべてコミュニケーションの力を鍛えるものである。さらに、嘉納治五郎の時代まで遡れば、講道館柔道は、技に関してきちんと議論していた。このように論理的に伝える努力もしていたのである。

 

指導と称して、暴力をふるう。指導者たちの飲食費を、公からもらったお金で賄う。

このようなことしかコミュニケーションとしか認識できない、どこかの連盟とは大きく違っている。
 文部科学省も、武道を学校教育に入れるなら、この部分まできちんと末端教員まで理解させて指導してほしい。

« 柔道について | トップページ | 管理職になりたがらない理由 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 柔道について | トップページ | 管理職になりたがらない理由 »