ご縁のあった人たち

無料ブログはココログ

« 子育ての親と学校の関係 | トップページ | すべてのアメリカ人のための科学から(その2) »

2013年6月20日 (木)

すべてのアメリカ人のための科学から(その1)

 学校で身につくこととして、前に書いた「全てのアメリカ人のための科学」 から、科学的価値観について、要点を書いておく。なおこの科学は、社会科学を含む広い科学であるが、自然科学、特に物理学の方法論に強く影響を受けている。

 まず科学の本質として、基礎的な手段を
  観察・思考・実験・検証
としている。このようなステップを踏む知識獲得が科学の特徴である。

 これを支える科学的な世界観がある。
 (1)世界は理解できる

 科学は,体系的で注意深い研究を通して,宇宙や世界の物事と出来事は理解可能な一貫したパターンで起こることを前提としている。科学者は,知性を活用することにより,また感覚器官の延長としての道具の助けを得ることによって,自然界のすべての物事を発見できると考えている。
 科学はまた,世界はその名が示すように巨大な単一のシステムであって,その中ではどこにおいても同一の基本的な法則が当てはまるということも前提としている。

(2)科学的知識は変更を余儀なくされるものである・・・間違いがある、進化する

 科学は,知識を生み出すための過程である。
 新たな観察によって優勢な理論に問題が生じる可能性があるため,知識は変更を避けることができない。ある理論が一連の観察についてどのように妥当な説明をしようとも,他の理論がそれと同等又はそれ以上に適合する場合もあるし,より広範な観察について説明ができる場合もあろう。
 科学においては,理論の新旧に関係なく追試と改良が加えられ,時には破棄されることが常に繰り返されていく。科学者は,完全かつ絶対的な真理を確実に突きとめる方法がないとしても,世界とその仕組みを説明するための,より精度の高い近似化は行うことができると考えている。

(3)科学的知識は永続的なものである

 科学者は絶対的真理を獲得するという考えを否定し,自然の一部として一定の不確実性を受け容れるが,大半の科学的知識は永続的なものである。科学においては,概念を完全に否定されるよりも,それを修正される方が一般的であり,強固な構成概念は存続し,より精度を高めてより広範に受け容れられるようになる。
 例えば,相対性理論を構築するにあたり,アルバート・アインシュタインはニュートンによる運動の法則を破棄することはせず,むしろそれが,より一般的な概念の中で適用範囲が限定された一つの近似であるにすぎないことを示したのである。

(4)科学はすべての疑問に答えることはできない

科学的な手法によっては有効に調べることができないような問題も多くある。例えば,本質的に立証も反証も行えないような信念がある(超自然的な力の存在や人生の真の目的など)。
あるいはまた科学者は,時には特定の行動の引き起こしうる結果を特定し,さまざまな選択肢の考量に役立つことで一定の貢献をすることがあるとしても,善悪に関係する問題を解決する手段を持ち合わせていない。

(続く)

« 子育ての親と学校の関係 | トップページ | すべてのアメリカ人のための科学から(その2) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 子育ての親と学校の関係 | トップページ | すべてのアメリカ人のための科学から(その2) »