ご縁のあった人たち

無料ブログはココログ

« キャリア教育について(提案 ) | トップページ | 女性の働き方について(男社会への対応) »

2013年7月 3日 (水)

就活におけるコミュニケーション能力の意味

 就活において、「コミュニケーション能力重視」と言うことを聞くことが多い。しかし、これに関して変な誤解が多いのも事実である。まず一つのパターンは、今まで勉強などもいい加減にした学生が、優等生に対する反発から、「付き合いの悪い者=コミュニケーション能力が低い」とバカにするパターンである。確かに、いわゆる高学歴でも、人との会話ができない人間は敬遠される。しかし、同程度の嫌われる人間として、学生時代にまじめに勉強もせず、いい加減な生活を送ってきた人間も嫌われるのである。
 そして、キャリア指導で、コミュニケーション能力と言うと、マナー訓練や面接の練習と言うのが入ってくる。これらの訓練もそれなりに効果があるが、本質とは言えないと思う。
 私が、コミュニケーション能力が重要と思うのは、人の心を理解する力の重要性である。さらに言えば、感謝の心のやり取りである。仕事のやりがいとして、自分がしたことを人から感謝されることは非常に大きなものがある。人の感謝を感知する力が大きければ、仕事で得る喜びも大きくなる。
 このような意味で、コミュニケーション能力が必要と言うならよく解る。

« キャリア教育について(提案 ) | トップページ | 女性の働き方について(男社会への対応) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« キャリア教育について(提案 ) | トップページ | 女性の働き方について(男社会への対応) »