ご縁のあった人たち

無料ブログはココログ

« 『コミュニケーション能力』について | トップページ | なぜ民主党は反省できない »

2013年8月 3日 (土)

隣国との付き合い方

 韓国の遭難者たちが、日本の対応が悪いと、文句を言っているらしい。
 これは、遭難した時から、韓国総領事も日本側への対応に関して、感謝の一言も報道されなかったことから、容易に想定された事態である。
 この様に、自分のことだけ主張し、できる限り相手国に責任を負わせる姿勢は、わが国の隣国に多く在る。
 逆に言えば、日本と言う国が、国際感覚からずれているのかもしれない。よその国に行って、自国民が迷惑をかけても、お前の国の対応が悪いと、主張するが国際常識かもしれない。
 このような各国の状況を、しっかり理解するのが、本当の国際化であろう。
 なお、中国は歴史の勉強を『アヘン戦争から始める』と聞いた。つまり資本主義国になるには、イギリスのやり方を勉強しろと言う発想である。
 このような教育を受けた人間と観れば、相手の出方も少しは解ってくると思う。

« 『コミュニケーション能力』について | トップページ | なぜ民主党は反省できない »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『コミュニケーション能力』について | トップページ | なぜ民主党は反省できない »