ご縁のあった人たち

無料ブログはココログ

« ブラック企業問題について | トップページ | 復讐の権利 »

2013年9月20日 (金)

多様化の前に男世界の良さを議論すべきでは

 現在は、
   「勤務の多様化を進める」
   「女性の働きやすい職場」
等と言う掛け声が盛んである。
 しかし、このような多様化を検討した時、今の会社の強みを失う危険性を、しっかり認識しているのであろうか?つまり、『男世界』で、得ていたものを失う可能性が理解できているのか等議論である。経営者というものは、新しいものを得るとき、古いものを捨てないといけないことがある。その時何を失うか、しっかり考えて決断していく、これができているかと言う議論になる。
 さらに今回の話は、そもそも『男社会』のメリットは何か、どのようなものがあるかと言う議論になる。このメリットが解らない人は、例えば宝塚音楽学校にまなびに行くのもよいかもしれない。または、(可能性は限りなく低いが)古武術の本当な達人の内弟子になるとか・・・
 つまり、いわゆる『暗黙知』と称して、しっかり把握していなかったものが、失われるかどうかと言う議論となる。
 これも今までの管理者が、なすべきことを怠っていた付けが回ってきたのだろう。

« ブラック企業問題について | トップページ | 復讐の権利 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ブラック企業問題について | トップページ | 復讐の権利 »