ご縁のあった人たち

無料ブログはココログ

« 正解を簡単に求めすぎることの弊害 | トップページ | 今本当に必要なモノは評価能力ではないか »

2013年9月30日 (月)

堺市長選挙の結果について

 大阪の堺市長選挙は、現職市長の勝利で終わった。
 この選挙結果を見て思ったことは、官僚世界の厚い壁である。
 そもそも今回当選した、竹山市長は、前回は大阪府知事である橋下維新の会共同代表の支援を受けて、当選した経緯がある。つまり、大阪維新の会の理念の賛同者であった。ただ、前職が大阪府の官僚であった。
 そして、堺の市政を行ううちに、維新の会と距離を置くようになり、今回の動きとなってしまった。
 この図式は、革命的な勢力が、既存官僚社会に取込まれていく様子を、典型的に示していると思う。
 大阪維新の会が、これに対抗するためには、しっかりした官僚的実務のできるスタッフも抱えて、現実面と夢の両面での成功可能性を、皆に示していかないといけない。
 この様の官僚制度の慣性は大きい。

« 正解を簡単に求めすぎることの弊害 | トップページ | 今本当に必要なモノは評価能力ではないか »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 正解を簡単に求めすぎることの弊害 | トップページ | 今本当に必要なモノは評価能力ではないか »