ご縁のあった人たち

無料ブログはココログ

« 就活を前に自分の考えをまとめる | トップページ | 就活を前に自分の考えをまとめる(最終編) »

2013年10月22日 (火)

就活を前に自分の考えをまとめる(続き)

 さて、もう少し考えて見よう。採用側がなぜこれを言い出したかである。色々な説があるが、一つ納得するのは、手軽すぎるWebエントリーの現状である。つまり、コピペで多くの会社にエントリーする。このような現状を考えると、多くのエントリが押し寄せて、採用側の担当者に大きな負担となっているのは想像できる。そこで一つの対策として、自分たちが、今まで付き合っていた、著者たちに、一次面接的なふるい分けを、実質的に依頼したということである。なお社員の推薦でも同様である。このように表立って推薦制度を設ければ、しっかりした人物評価の上での推薦となる。

 このように採用側の考え方を、理解できれることが、一つの差別化になる。就活においても、相手の立場を思いやることは、大切である。そして、此の応用として、Webでエントリーするときでも、如何に自分が会社のために役立つかを考えて、記入すべきと言うことが判ってくる。

 その会社では、どのような能力を求められているのか、自分はどのような力で、それに答えようとしているのか、これをきちんと書くエントリーとすれば、少しは採用側の目に留まる確率が増えると思う。

 こうした努力が必要である。

« 就活を前に自分の考えをまとめる | トップページ | 就活を前に自分の考えをまとめる(最終編) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 就活を前に自分の考えをまとめる | トップページ | 就活を前に自分の考えをまとめる(最終編) »