ご縁のあった人たち

無料ブログはココログ

« 上手な失敗([村上龍の質問術]を読んで その3) | トップページ | 企業における人治と法治 »

2013年11月16日 (土)

安全保障と機密保持

 国家の機密を守る法律について、色々議論されている。
 特に防衛関係は、機密保持が重要である。
 しかし、見方を考えて見ると、日本の自衛隊の力からすると、ある程度状況を、他国に知らしめることも戦略的には有効であると思う。
 これは、ある番組で、

「防衛庁の調達が公開になっている。その結果兵器のスペックが公開だ!」

とわめいていた、軍事ジャーナリストの発言から思ったことである。
 これは、現在の自衛隊の装備は、同盟国のアメリカに次いで、ハイスペックの物をそろえているからである。つまり、わが国の周りで、わが国に侵略しようと考えている国は、このスペックに勝る武器を調達しないといけない。もしこれができないなら、戦う前のシミュレーションで敗戦と出る。今の時代は、コンピュータが発達しているので高度のシミュレーションが可能である。しかもネット化しているので、ある国のシミュレーション結果は、世界中を駆け巡っている。このような状況では、わが国の装備のハイスペックぶりを公開することは、防衛の上で望ましいことかもしれない。
 もう一つ言えば、ハイスペックを公開したら、相手もそれ以上のものを求めるようになる。しかし、経済基盤が追い付かなくなると、国自体が崩壊することもある。旧ソ連の崩壊の一因は、アメリカとの軍備競争に金を使いすぎたことでもある。
 例えば、戦車の装甲の厚さを公開する。すると相手国は、これを貫く大砲と、これと同程度の装甲をもった戦車を開発しないといけない。そのためには、戦車が重くなるので、馬力の強いエンジンが必要である。さらに戦車が重たくなれば、道も補強しないといけない。
 こんな風に、振り回されて、自力のない国が、戦争をあきらめるなら、情報公開も意味があると思う。
 もっとも日本の歴代の政府が、ここまで考えているのかは疑問である。特に民主党政権には!

« 上手な失敗([村上龍の質問術]を読んで その3) | トップページ | 企業における人治と法治 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 上手な失敗([村上龍の質問術]を読んで その3) | トップページ | 企業における人治と法治 »