ご縁のあった人たち

無料ブログはココログ

« 数値に使われる人、数値を使う人 | トップページ | 就活後の燃えつき対策 »

2013年11月25日 (月)

日露戦争の勝因について一つの議論

 日露戦争の勝因について、色々な議論がある。しかし、その議論に関して、どうも抜けているものがあるように思う。
 私の考えでは、日露戦争は、ある意味正攻法で勝った戦争である。誤解する向きがあるかもしれないが、勝つべくして勝った戦争である。つまり兵士に、まともな武器弾薬をきちんと与えて、相手の火力に活用にして戦った、戦争結果である。
 たしかに一部の戦いでは、将兵の資質による勝利もある。しかし根本的には、しっかりした武器を与えて、火力で相手を圧倒しながら戦うという、正攻法の戦いである。
 日本海海戦に関して言えば、確かに相手の艦船が、数だけは多かったが、同盟国イギリスの圧力などで、疲弊した戦力であり、これも同程度以上の力であったと言える。

 ここで大切なことは、この正攻法の勝ち方を、認めなかったというか、葬り去った勢力があると言うことである。

 私の仮説は、当時の政府がこれをやったと思う。つまり正攻法の戦いでは、軍備がいくらあっても足りなくなる。日露戦争でも国家破産寸前であり、今後の軍備拡張など耐える国ではない。

 この解決として、神がかり精神主義を、全軍に教え込んだのが、当時の国家指導者たちだと思う。

 この仮説誰か証明してくれるかな?

« 数値に使われる人、数値を使う人 | トップページ | 就活後の燃えつき対策 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 数値に使われる人、数値を使う人 | トップページ | 就活後の燃えつき対策 »