ご縁のあった人たち

無料ブログはココログ

« とりあえず必要な知識とは | トップページ | 情けない話 »

2013年12月10日 (火)

女性総合職の考え方(一般職との比較)

 就活に関する相談や、このブログの関連HPを見ると、女性の方が一般職と総合職で、選択に悩んでいることが、読み取れる。
 これに関して、私の答えは以下のとおりである。

 1.良い相手を見つけて、養ってもらえるなら、短期の一般職勤務
    出産後の仕事の復帰もパートなど非正規の勤務
    間違っても、離婚などは考えない

 2.ある程度の自立を考えるならば、実力のある総合職を目指す
    出産後も復帰できるように、実力と地盤を固めておく
    状況によっては、シングルマザーとなっても生きていくようにする
    また、主夫を養える経済力をつけるのもあり

 少し解説しておく。まず一般職では、仕事の自由度や、自己裁量ができないことが大きい。
 総合職では、責任が大きいが裁量範囲は増える。まして、管理職の道もある。シングルマザーの管理職の話は、このブログやHPにも色々あるので参考にしてほしい。
 ただし、総合職の入社3年目までは過酷な勤務があることも付け加えておく。会社のやり方に慣れるまでは厳しいものがある。ただそれに耐え、さらに実力を伸ばすと、自己裁量で楽になる道も開けている。
 このブログや関連HPで実力をつけて、総合職の仕事が楽にできる力をつけて欲しいものである。

« とりあえず必要な知識とは | トップページ | 情けない話 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« とりあえず必要な知識とは | トップページ | 情けない話 »