ご縁のあった人たち

無料ブログはココログ

« 情報の価値について(太らせる情報) | トップページ | 日本の教科書の功罪 »

2013年12月23日 (月)

行政官僚に対する尊敬について

 前に、行政官僚に対して、国民としての尊敬が必要であるという趣旨で書いた。
http://manabizz.cocolog-nifty.com/blog/2013/12/post-7804.html
 これに関連して、私が昔体験したことを思い出したので、書いておく。
 当時私は、マイクロコンピュータ応用機器の、ソフトウエアを担当していた。そこで某中堅都市に納入した、ある測定装置のプログラムの現地改修を行っていた。その装置は、会議室の隅に置いてあったので、会議室を借り切って仕事をしていた。
 そこである、管理職の方が来られて、
   「部屋がないので使わせてほしい。」
   「こちらも作業中なので、色々警報などで出ます。それでよければかまいません。」
   「それは構わない。他の人が来なければ警報などは構わない。」
と言うことで、その管理職の方は作業をされていた。
 そこで、彼は一人の部下を読んで話を始めた。(細部はもう記憶にはないので概略のみ)
   「XX地区の農地の住宅地への転換はどうなっている?」
   「~~」
 ここで管理職のコメントがあった。
   「現在、農業作物の収穫面と、住宅地などの面だけで検討しているが、
   緑の環境保全などの面でも考えて欲しい。ある程度の農地は
   残さないといけないと思う。」
これを聞いて、私はやはり行政に携わる人の考えは、広く及んでいるなと思った。
このように、行政官僚の配慮の広がりなど、一般市民にも見せていただくことは、一つのヒントになるのではないかと思う。
 私が事務屋の仕事に職種転換し、色々な経験を積んだが、一つの原体験として、このような経験をし、広く考えることのできる、行政官僚への尊敬があったことが、少しは成功した理由ではないかと思う。

« 情報の価値について(太らせる情報) | トップページ | 日本の教科書の功罪 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 行政官僚に対する尊敬について:

» 違いが判る(尊敬の条件) [勉強の方法補充]
 先日から、数学基礎論の本を読み直している。恥ずかしながら、今までの浅い理解を、 [続きを読む]

« 情報の価値について(太らせる情報) | トップページ | 日本の教科書の功罪 »