ご縁のあった人たち

無料ブログはココログ

« 「常識」の研究 について(その4) | トップページ | 「常識」の研究 について(その5) »

2013年12月19日 (木)

就活におけるコミュニケーション力

 就活において、「コミュニケーション力」が重視されている。
 さて、コミュニケーション力というものを、学生さんはどのように考えているだろうか?
 まず一つのパターンとしては、一つ話ができると言うことで、一例として、面接での会話が無事できることである。また、エントリーシートなどの表現が、解りやすいなどというものも、文書によるコミュニケーションとして、一つ挙げるかもしれない。
 さらに、もう一つ、自分のPRとして、友達が多いや、バイト先の人とも話ができる、などを挙げるかもしれない。
 しかし、もう一つ大切な「コミュニケーション力」がある。それは、学問的知識や専門的知識を、上手に素人に説明する力である。知識は使えなければ意味がない。そのために大切な要素は、説明能力である。
 単に「コミュニケーション能力」で、「人と話ができる」と短絡的にとらえずに、一歩踏み込んだものを考えて欲しい。
 このような、一歩の踏込と言うか、相手要求の裏を読む、これも高度の「コミュニケーション能力」である。このような、「違いが判る」人財を、企業は求めている。

« 「常識」の研究 について(その4) | トップページ | 「常識」の研究 について(その5) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 就活におけるコミュニケーション力:

« 「常識」の研究 について(その4) | トップページ | 「常識」の研究 について(その5) »