ご縁のあった人たち

無料ブログはココログ

« 教科書的世界から外に出るために | トップページ | 教科書的世界から外に出るために(スキル訓練) »

2013年12月29日 (日)

日本のリーダー論

 日本の選挙は、議論より人物選びになり、政策能力より、倫理的な話が落選につながるというのが、山本七平の議論であった。確かにそのような面はあると思う。
 山本流の選挙は、「世話人型指導者」を選ぶか「絶叫・教宣型」の2つに分かれるという。これと、政策論議がないという話と、合わせて考えた見た。
 この話を交流分析で考えると、簡単に説明できる。まず、政策議論がないと言うことは、選挙で「成人―成人」の関係でなく「親―子」の関係を示している。つまり、選挙する人間は、子供の立場で、親と思う人を選ぶのである。
 更に交流分析では、「親」に関して2つの性格を見ている。一つは、「厳格に指導する親」であり、もう一つは「優しく与える親」である。この2つのパターンは、上記の「教宣型」と「世話人型」に対応している。
 ただし、今よく選ばれる政治家は、「世話人型」である。確かに小泉選挙や、橋下維新などでは、方向付けを示す「教宣型」も生まれたが、まだ「世話人型」が多い。
 今後のこの国の方向付けを誤らないためにも、「将来ビジョンをしっかり示す指導者」が、複数人いて、きちんとした政策論争を行い、それを国民が選ぶという「成人―成人」の選挙に持っていくべき思う。このような、ビジョンを示し、導く指導者になって欲しい。
 なお、海外のリーダーシップ論では、「成人―成人」間のリーダーシップの話が多い。このような観点でのリーダーシップ論を持ち込んでも、日本の社会では失敗することが少なくない。日本でリーダーシップを発揮するためには、親の立場で広く全体を見渡したうえで、判断する能力が必要である。全体像を自分で描かない場合には、日本でのリーダーは難しいと思う。

« 教科書的世界から外に出るために | トップページ | 教科書的世界から外に出るために(スキル訓練) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本のリーダー論:

« 教科書的世界から外に出るために | トップページ | 教科書的世界から外に出るために(スキル訓練) »