ご縁のあった人たち

無料ブログはココログ

« 売り手市場の就活 | トップページ | 秘密保護法案の議論について »

2013年12月 3日 (火)

売り手市場の就活(ブラック企業問題)

 前に書いた、就活における、売れる能力とブラック企業問題だが、文系で同じ話がないかなと思った。
 例えば、会社の規則に引用している数値が、法的規制値が変化したから、修正しろと言う、指示を受けたとする。このオーダー、結構難しいものがある。XX法と言っても、実際の数値は、関連規則など別の所に書いてある。このような、法律の構造を知らなければ、探し回ることになる。
 もう少し言えば、論理的な思考と言うことも、色々な側面がある。哲学者の論理もあれば、経済学者の論理もある。そして大事なのは、会社で通用する論理である。
 これらに合わせることができず、作るべき文書ができないで、悩んでばかりいる。これが長時間残業となり、ブラック企業となる。
 このような図式もあるのではと思う。

« 売り手市場の就活 | トップページ | 秘密保護法案の議論について »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 売り手市場の就活 | トップページ | 秘密保護法案の議論について »