ご縁のあった人たち

無料ブログはココログ

« 立場に伴う責任について | トップページ | 文系大学生の就活について(学問の専門性に関して) »

2014年1月20日 (月)

センター試験の社会を見て

 昨日の朝刊に入っていた、センター試験の地理と世界史を解いてみた。両方とも、良く考えさせる問題だったと思う。
 私の、昔のイメージでは、世界史は年表の暗記、地理は地名の暗記と言う感じだったが、今回は考える力を試しているように思った。世界史ではある種の主張も感じた。なお、多く忘れている身で、60点は確保できた。これは、考え方を聞く問題だったからと思う。
 特に地理では、各地の特徴などを読み取り考える力が試されていた。
 昔の地理の授業では、このような力が必要だったのだろうか?
 今の試験なら、私も地理を選択していたと思う。

« 立場に伴う責任について | トップページ | 文系大学生の就活について(学問の専門性に関して) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: センター試験の社会を見て:

« 立場に伴う責任について | トップページ | 文系大学生の就活について(学問の専門性に関して) »